シュシュシュシュシュ

とりあえずシュシュ初心者のとみぃ。
基本のプレーンシュシュを、これまた基本通りに11×52センチの布で作ってみた。

1.色変えて作ってみた。

2.素材変えて作ってみた。

3.とりあえず作ってみた。

それがこれ。
シュシュ2
昨日と今日で30個くらい。
ミシン様々ですね~。
まだゴムを通していないカラフルサテンのシュシュもあるけど、大体こんな感じ。
早くみんなに使ってもらって感想をききたいなぁ。
明日からは髪の少ない人向けの細いシュシュを作るつもり。
まだまだとみぃのシュシュ遊びは続くのです。
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド作品や購入布について
ジャンル : 趣味・実用

黒紫蝶

静哉さんの蝶々2つ目のご紹介。

私はいつも”Swallowtail Butterfly”を作るときは、材料を持ち運べるように専用の入れ物に入れます。
スポンジにポンチで穴を開けて作った物で、配色を決めたあとにバラバラにならないようにしています。
その写真です。
蝶配色
三つくらい作ってて、一度に何個か頼まれたときには、こうして配色してどこにでも持ち運んで作れるようにしています。
最近は無いですが、車が無かったときはバスとか電車の中で作ったりしていました。
何度か作ったら本を見なくても作れるので。
丸小ビーズを車内にばら撒いたことも今ではいい思い出・・・かな?
うわっやっちまった!!事件が何度もあります(笑)

んで上の写真の材料を編んだ物です。
黒紫蝶1
頼まれ物ですが、昔作った配色よりいい感じにできたと思います。
あとはお嫁に行って、気に入って使ってもらえるとうれしいなー。





テーマ : ビーズアクセサリー
ジャンル : 趣味・実用

浮気症?

ちょっと前に、あなたは何とか星人って占いが流行ってましたよね。
細木なんたら先生の。
その占いの本で私は浮気症って書いてありました。

実は自覚症状もあります。
自分の中にいつの間にか積もっていたあの子への想い。
布を買うという一歩を踏み出してしまった僕は・・・

シュシュ作っちゃうよね♪

そう、ビーズの注文も貯まっているのに、アクリルの小鳥を作る準備もしているのに、シュシュという新しい分野を開拓してしまう私。
新しい物への挑戦というのは心がワクワクするもので、楽しいのです。

と言うことで早速作ったプレーンシュシュ。
シュシュ1
シュシュって意外と早く、簡単に作れるんですね。
一つはアクリルのリボンも付けてみました。

普段自分で使うものじゃないから、良いのか悪いのかわっからん。
でもそれが個性的な物につながるのかな?
いっぱい作って、みんなに意見を聞いて、シュシュを極めるぞーー!!


まあ、ビーズのオーダー品作った後でね~(=ε=)

テーマ : ハンドメイド作品や購入布について
ジャンル : 趣味・実用

月下美人

”大観の月を賞して苦茶をすすり、名月の出づるを待ちて、菊花の酒を汲まん”

春は曙、夏は夜、秋は夕暮れと言いますが、秋の夜も素敵なものです。
虫の音を聞きながら、夜空の星や月を見るのも素晴らしい。
もうすぐ十五夜ですね、今年は十月三日が十五夜のようです。

話は少し変わって、私は茶道を少し習っています。煎茶道と表千家。学生時代は裏千家も少しかじりました。
まあその話は後日ということで、今日はタイトルの月下美人の話を。

月下美人と言う花をご存知ですか?
結構有名だと思いますが、一夜だけ大輪の白い花が咲く、というロマンティックな観葉植物です。
先日お茶の先生宅に伺った時、その花が咲いている姿を初めて見ました。
早速その写真です。
月下美人1

手のひらほどの大きさがあって、香りもよく、品がいい。 まさに美人です。
月の下で一夜だけ咲く。 実際に見るとすごーーーく素敵でした。
職人とみぃとしては、ビーズでこの美しさを表現したい!
なーんて思ったり。
花言葉は”儚い美・儚い恋・繊細・快楽”だそうです。

次の日の朝も写真を撮ってみました。
月下美人2
昨夜の凛とした姿は想像も出来ず、美人薄命と言いますが、一瞬の中の命のきらめきに心動かされるものがあるんだろうなと思いました。

冒頭に書きましたが、書を鑑賞して、名月を愛で、酒と茶を飲み交わしながらその時間を楽しむ。
今の時代でも、そんな心豊かな日々を送りたい。
そう願っています☆


追記:
実はこの月下美人の後日談がありまして。
なんとこの花食べれるんです。
花を湯がいて、ポン酢をかけて食べます。
孔雀サボテン属の多肉植物だからか、花も厚みがあって、シャクシャクとした歯ごたえにとろみもあって美味なのです。
機会があったら是非ご賞味あれ。

月下美人、見て良し、香り良し、食べて良し。
月は満月、俺 万福(まんぷく)

お後がよろしいようで(笑)




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

アクリル作品

今日は私の趣味の一つ、アクリル作品をご紹介。
アクリルと言っても絵具ではなく、アクリル板です。
アクリル作品ってマイナーですよね、身近にいないもんなぁ(田舎だから?)。
ネットで検索したら素晴らしい作家さんが沢山いらっしゃるのですが。

アクリル板を使った作品は、2~3ミリ厚のアクリル板を切って削って形を作り、作品によっては80度くらいの熱を加えて曲げます。(私はヒーティングガンというドライヤーの業務用みたいなやつを使ってます)
それは面白いくらいにふにゃふにゃになって、簡単に曲げて形作れます。
過去に作った作品です。
リボン
よくあるリボンモチーフを自分で作ってみたくて挑戦した作品。
結構簡単に出来たので8色くらい調子に乗って作りました。
まだ手元にあるのでどう利用しようか考え中。意外としっくりくる使い方が浮かばないのです。


アクリル蝶
お次は私の大好きな蝶々モチーフ。
透かしを入れたかったので、ルーター使って手彫りで頑張りました。
最初はアクリルだけのシンプルチャームのつもりだったのに、出来心で色々飾っちゃった。
作るのに時間かかるけど、そのうち何個か作ってみんなにも楽しんで使ってもらいたい。
風の吹くまま、気の向いた時につ~くろっ。

今はアクリルで小鳥さんモチーフを作ろうかと考え中なので、製作に取り掛かったらまたアクリル作品をご紹介しますね♪





ビーズとの出会い

ビーズ、編み物は女性の世界、そう思っていました。
四年前まで、自分の物作り世界は折り紙・アクリル・木工で構成されていました。
そんなある日、本屋でコンプレックス・ビーズという本に出会ったのです。
黒くて、スタイリッシュな表紙に眼を奪われ、複雑で男性的な作品に心踊り、こんなビーズもあるんだって衝撃を受けました。
静哉さんというデザイナーの男性作家で、それから今に至るまで、静哉さんの作品は沢山作り続けています。
今日はその中で一番好きな ”Swallowtail Butterfly” を載せます。
Swallowtail Butterfly


先週、注文を受けて作った物です。
本に載っている物を少しだけアレンジして、ビーズのサイズと配置を変えています。
最近はこの配置がマイブームなのです。
注文を受けて作ると自分の感性と違う物が作れてとても新鮮ですね。

ビーズとの出会いで、今ではキラキラ・かわいい物大好き男子になってしまいました(笑)
羊毛フェルトとか~フェイクスイーツとか~シュシュとか~
まだまだ作りたい世界が広がっていて、大変なのです。


静哉さんのコンプレックス・ビーズ
コンプレックス・ビーズ






はじめの一歩

ずーーーっとやってみたかったブログ!!
情報を発信することで、何か新しい事が起こるんじゃないかって期待感でドキドキです♪

自分の物作りの原点は ”折り紙” かな。
小さい頃、母親にちゃんと角や縁を揃えなさいって怒られながら、泣きながら折った折り紙。
折り紙の本の中にあった珍しい折鶴(連鶴)が好きで、いつも折っていた。

小学生の頃、教育実習で来た女の先生にその折鶴をプレゼントしたら ”嬉しい!!” ってすごく喜んでくれて、 ”えっ こんな物で、こんなにも喜んでもらえるものなんだ” って子供心に新鮮な驚きを感じたんだ。

ただ単純に物を作るって事が楽しくて大好き♪
そして自分が物を作ることで、喜んでくれる人がいる。
それが僕を甘い蜂蜜に誘われるプーさんに変えてしまうのです。

そう、これから始まるブログは蜂蜜好きのプーさんの物語~~~

じゃなくって、物作りとそこから生まれる何かの日記です。

連鶴 青海波
青海波
プロフィール

とみふぁり

Author:とみふぁり
宮崎出身・埼玉在住*物作り大好き男子。

趣味でビーズその他、物作りをしています。
最近は多肉植物ブログとなりかけてますが・・・

日々・気ままに制作・更新をしています。
何か新しいきっかけにでもなれば、と始めたブログです。
のんびり付き合っていただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ようこそ♪
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる